人類独立国家宣言

地球外国家又は勢力との接触について

私達、地球人は「大共同体」のすべての民族にごあいさついたします。目に見えるもの、見えないものを含め、私達共通の権利をすべての宇宙の創造主の前に認めるものです。地球は人類の起源、惑星、故郷であり聖なる遺産であると宣言します。
今後はすべての次世代のため、地球を維持、保護することを誓います。この地球、又宇宙のどこであろうとすべての種民族を私達は分別をもって公平に扱うことを全人類に要求します。

基本権利

地球人は自由の必要性を普遍的であると考えます。したがって全国々のすべての個人は平等であり、神聖な奪うことのできない権利を天から授けられていると考えます。

基本権利とは、その民族期限惑星で自由な民族として生きる権利、その故国;自決権;自給権をして創造的表現;圧制のない存在権;創造主がすべての知的生命体に与えた高等な目的と天命を存命中(この世で)に実行する追求権。

宇宙「大共同体」の面前に地球人はこれらの基本権利を私達自身、故国地球のためここに今強く訴えます。その権利に加え、当然ながら以上の権利も含まれます。

・統治権:地球人は独立自治であり、どの勢力にも支配されず、またその権力に依存しない。地球外勢力はこの惑星の人類がもつ統治権に違反したり、撤回はしないこと。

・地球の尊厳権:私達の起源惑星などで、地球は精神的にも、物理的にも
地球外からの干渉、侵入、妨害又は搾取はされない。地球外勢力は急接近せず、近圏内を軌道しない。また地球に着陸しないこと。交易については公けに地球人が承諾し、民主的な方法で、交易に到った場合は除く。

・生物学的または遺伝子素材の尊厳権:地球外勢力はどんな目的であろうとも人類の生物学的又は遺伝子に関する素材を操作したり、所有することを禁ずる。

・居住権:この太陽系にある居住惑星の原居住族として、私達はこの太陽系を私達の勢力範囲だと断言します。地球外組織の基地又は地球を軌道する駐屯地は地球以外の地の惑星上若しくはこの太陽系区域には設置を禁ずる。地球人の承諾を得た場合は除く。

・平穏な航行権:地球人は地球外勢力による妨害制限なしに私達の太陽系を運行、調査する権利を主張します。そして他のどの地球外勢力によるこの太陽系への進入を拒絶する権利を有します。

私達、地球人はこれら基本権利を擁護し、私達の正当な義務であると明言します。これらの権利に一致するよう救援し、それを受けるものです。地球外勢力との紛争が生じた場合は、無罪立証責任は地球原住民族でない者に課せられます。

状況判断

進化の過程で、ある惑星の原住民族が争いや違いによって、互いに引き離されていたことを越え、団結することが必要になります。そして宇宙の勢力間で、単独、対等な独立国家であることを前提とし、その独立国家が尊重され、考慮されるためには、抱えている課題である、国家統一への法動方針を前に進めることを宣言する必要があります。

地球には宇宙からの訪問の長い歴史ありますが、今の状況では地球人は世界的な地球外生命体から国内情勢への介入による影響に悩まされています。この介入は詐欺行為、巧みな操作と利己的利用を目的とする戦術を使っています。介入は人類を支配するのが目的であり、それは人類の自由と民族自決権の損失を引き起こすことになります。正にその聖なる権利とこの地球外からの干渉に抵抗、反対し、阻止することが地球人の義務であり、すべての地球外勢力から私達の独立国家、自由そして自立を守り抜くことを宣言します。

これらの侵害を「大共同体」内で自由主義をそしつ支援される方々によく考えていただきたい。

・介入している地球外勢力は地球上又はその周辺での活動の意図、本質をつつみ隠さず公表するのを拒んでいます。
この地球外からの駐留は秘密に覆われ、地球人にとっては招かざる不承認の存在です。これらの地球外勢力は彼ら自身の身元、政治的、経済的連合体、又その支持者を隠しています。

・ますます彼らの行動が明らかになる中、地球外勢力は地球の資源、住民を不当に利用し、またその勢力の代行者により支配された従属国へと人類を植民地化する系統立った計画に従事している。宇宙からの介入と占領は産業増加、経済力の強化そして地の国々に地球が提供できる産品を策略にかけて、手に入れるようとするものです。

・地球外勢力は罰を受けることなく、地球住民の国内外の法を何度も犯しています。これかの違法行為は現在もまだ続いており領空の侵害、地球人の同意なしに輸送、誘拐;殺人、強姦、拷問、性的虐待、人間との異種交配そして痛ましい実験作業;人間の生物的かつ遺伝子物質の窃盗行為と通商;地球の天然資源の窃盗行為と通商;精神·心理的な影響力の転換;人間や動物の切断行為;軍事防衛装置への不正干渉と機能停止そして人間社会の秘密潜入行為が含まれます。

・地球外勢力は地球住民への通知承諾なしで個人単位もしくは企業集団と内密に交渉し、協定を結んでいる。

・地球外勢力は組織的に富、権力、保護など誤った期待や約束の拡大;地球上の大災害からの救助;銀河系連邦の会員権;そして霊的救いや悟りを通して、説得し、誤解させるように試みる。

・地球外勢力は自分達の目標を達成するため、人間間の戦争を悪化させ、不当に利用している。

・地球外勢力は彼らの助けと発達した科学技術によってのみ、私達が生き残ると信じさせ、人類から権限を奪おうとしている。したがって彼らの私達の完全な依存を促進し、私達自身の存続確保する能力を否定している。

要求と声明

したがって、私達地球人はどの地球上の政府機関、企業集団、個人とあらゆる地球人生命体との間で以前に契されたすべての協定や交渉は直ちに無効にし永久に中止することをここに宣言します。このような前に存在している交渉、協定に関して全て公けにすることを要求します。
地球の政府機関、企業集団、個人と地球外生命体の間で今後契らされるどの協定、交渉に関しても、世界各国を代表する国際的民主制組織と地球住民からの率直な完全承諾を得た場合のみ協議されるべきです。

すべての地球外組織が全組織活動を直ちに停止し、太陽、地球の月、すべての太陽系惑星を含むその周囲と地球から今すぐ立ち退き、離れることを要求します。

・すべての地球外組織は地球上、月そして太陽系どこであろうとその役立した活動拠点を解体し、またその基地の正体と十分くわしく公表することを要求します。

さらにすべての生存している人間で現在、地球外生命体により監禁されている健康な者をただちに返還すること。
また監禁中に死亡した者を含む、地球外生命体により連れさられ、収容された者についても、考慮に入れることを要求します。加えて、あらゆる個人から採取したすべての人間の生物的、若しくは遺伝子素材について説明とその素材の破壊、その意図した用途の特定を要求します。存在している個人に移植されたあらゆる装置について、それらを安全に除去できるようその装置の特定が必須となります。 

存在しているすべての人間と地球外生命体の交配種の地球内外での活動、身元確認、所在地を含め、地球外生命体との交配計画の詳細とその目的を十分に時事公開することを要求します。

今後は、地球外生命体が我々の太陽系へ入域もしくは地球への接近、我々の空域での飛行、国土訪問、または海域に入る時は、地球人民のはっきりした同意がある場合のみであることを全宇宙に知らせるものです。

したがって私達地球人は自由で独立した人民であるべきだと正式に宣言します。すべての人間はここに地球外勢力に対する忠誠を赦免されます。その勢力と地球人民の間にあるすべての政治的、又経済的つながりは完全に解消されます。
宇宙「大共同体」の中で自由で統治権を有する民族として私達はこの太陽系の完全なる実権を握り、和平締結戦争の開始、同盟契約、通商関係の定着など一主権民族が取り得るそのすべての行動を正しく倫理に基づいて行います。

結論声明

この人類独立国家宣言を定めるにあたり以上をご理解いただきたい。地球人民は知的生命体から似る「大共同体」の中で、私達の将来とその運命は自由民族であると断言します。
私達はこの「大共同体」の一員であり、地球外から異民族と幾度となく遭遇する運命であると認識しています。
共同体内に存在する民族そして他のすべての民族の方々に宇宙での征服や支配が私達の目的ではないとここに宣言します。私達自身の権利と特権をここに宣言し遭遇するすべての生存民族の権利と特権を同等に認めます。

人類の独立国家宣言の作成によって、「大共同体」のどの外部国家又どの勢力からも不必要または不当な侵入と妨害行為を受けることなく、人類の間で、真の統一和平協力を続けてながら、自由な民族としての権利、その責任と特権を布告します。私達は神から与えられた主権と宇宙において自由であることを求める人類そして全民族の尊敬すべき趣旨の表現としてこの声明文を作成します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *